鹿島川で遊ぼう!レポート

河原で思い切り遊ぼう!石を詰んだり、生き物を探したり、自由に遊んで川に親しむイベントです。
お昼ご飯は、河原でみんなで作りました。

日時:2021年7月27日(火)9:00~15:00 
集合場所:爺ガ岳スキー場の第三駐車場
対象:大北地域の小学生・中学生(小3以下は保護者同伴)
参加者:子ども 18人、保護者 7人、スタッフ 5人、漁協 3人 計33人
参加費:1000円
持ち物:濡れてもよい靴(サンダル不可)、日よけのシャツ、帽子
    着替え、タオル、飲み物、雨具、日焼け止め、虫よけ、
    あれば網、バケツ、川で遊べるもの、ライフジャケット
協力:北安中部漁協組合
後援:北アルプス子ども応援プラットフォーム、大町市教育委員会、池田町教育委員会、
白馬村教育委員会、松川村教育委員会

ぐるったネットワークでは初めてのイベント。北安中部漁協さんと相談して、鹿島川の広い河原で「川で楽しむ、川を知る」イベントを企画しました。自然に恵まれた大北地域で育っていても、川で安全に遊ぶ機会は少ないのではないかと思い、この地域ならではの冷たい雪解け水の流れる丸石の河原で、自由に異年齢と遊ぶ「プレーパーク」的な場所を目指しました。

水深は大人の膝程度で淵もなく見通しのよい河原ですが、安全管理として、1)ライフジャケットの着用、2)水と安全の話(川の水は流れがあって水中は渦巻くこともある、溺れる時は叫べないなど)、3)3つの約束(目印の中で遊ぶ、外に行く時は大人と一緒、笛が鳴ったら集まる)を呼びかけ、川遊び中は川下に見守り役のスタッフを置きました。

川の本流はかなり冷たい水で、小雨模様で気温も低かったため、午前は川遊びに夢中になるより、遊び方を模索する様子でした。漁協さんの提供で、イワナの稚魚の放流とイワナ掴みをして、子どもたちが自分で魚を捌いて内臓を出し、串を刺して塩焼きにすることで、午前の部は終わりました。保護者を含めた大人たちは、昼食のおにぎりと豚汁を作って火に当たっていました。

お昼に遊び方の提案をこめて「ころんごろんいしっころ」の絵本を読み聞かせ。その後は小雨の中で、砂地で造形をしたり、石を積んでダムをつくったり、残り火で遊んだり、それぞれ自由に遊びました。親子や兄弟で遊ぶ子もいましたが、高校生ボランティアがリーダーとなって初対面の子ども同士で一緒に作業をしたり、異年齢で遊ぶ場にもなっていました。

天気予報では曇りでしたが、雨になって2張のテントは日陰の予定が雨宿りに。解散を15時から14時に切り上げてあわただしく解散したこともあり、子どもたち自身が自由に遊びを作り出して楽しむ、というところまでは辿り着かなかった部分もありますが、参加者の感想を見ると魚つかみ&料理のプログラムと自由時間がほどよい配分だったようです。
今後は保護者の方たちの協力を仰いだり、中高生のボランティアの参加を呼び掛けるなども含め、自然の中で子どもたちの居場所と、中高生の活躍の場を作っていきたいと思います。

イワナの稚魚の放流 冷たい水に戸惑う子どもたち
イワナをすくい取ったよ! ハサミで内臓を取ってみよう
魚に串を刺して塩焼きに マシュマロを炙る(焦がす?)のも大人気
雨の中でも砂遊びやダムづくりに熱中! 初対面の子たちとも遊んだよ

保護者の感想

  • 川遊びをさせた事がなかったので、新鮮だったようです。お昼の岩魚もとても美味しかったようで満足していました。ありがとうございました。
  • 鹿島川上流に広い浅瀬があることを知らず、また個人的には怖くて行けない場所だったこと、コロナで海にも行きづらく、代わりに思い切り水遊びさせてあげたく申込みました。申込時や準備前には心配もあったのですが、メールで詳細がわかるにつれ楽しみになり、現場でも安心感の中遊べました。はっきりしない天候の中、スタッフの方や漁協の方には感謝しかありません。決行していただいてありがとうございました。
  • まさか魚掴みまでできると思っていなかったので、大喜びでした。あいにくのお天気でしたが、寒さも忘れ川遊びを楽しんでいました。バーベキューも皆さんとでき、とても楽しかった様子です。コロナ禍で遠出が出来ない中、貴重な体験をさせて頂きました。色々な企画&ご準備、本当にありがとうございました!!
  • 清流でイワナをとり、そのまま食べることができる。最高のご馳走をいただき、自由に川で遊べて、子どもの発案した遊びに大人が一緒に付き合う。ステキなひとときでした。
  • みんなで集まって川で自由に遊んだり、掴んだ魚を自分で串に刺したり、めったに出来ないことばかりで、大切な経験になりました。ご飯もとても美味しかったです。
  • 天候が悪く河原での遊びが少なくなってしまい残念でした。またリベンジできたらよいと思います。スタッフの方の準備や片付けなどとても大変だったと思います。ありがとうございました。
  • 川遊びなので安全面など少し不安はありましたが、スタッフの方も相応な人数いらっしゃったので安心してお任せできました。天気が良ければ、とは思いますが雨の中でも楽しめるというか、それも自然を知るいい経験になったと思いました。昨日は開催して頂きありがとうございました。
  • 家族で川遊びをしたくても、危険がたくさんあり、目を離したときに流されていたり溺れたり、虫に刺されたりやクマなどに遭遇したら…など気になり中々行けずにおりました。今回この様な企画で人が複数いるという安心感の中参加できて良かったです。川遊び以外にも、魚に触る、さばく、食べる、普段できない事を感じ取ったようで、夏休みの一日としてとてもいい体験が出来ました。
  • 湖遊びはよくするけど、川にはほとんど連れて行ってあげられないので、いつもと違う水遊びができて良かったです。
  • 天候が良ければもっと楽しめた様に思いますが、台風の影響を判断するのは難しいですよね。運営していただきありがとうございました。
  • 川で遊べる場所を探していたので、本当に素敵な場所を知ることができ、本当に嬉しく有難かったです。つかみ取り体験までさせていただけるとは思わず、大大大充実の1日を体験させて頂けました。安全に充分気を付けながら、家庭でも遊ばせてあげたいとも思いました。 本当に有り難うございました。

*本事業は休眠預金を活用した民間公益活動(2020年度採択事業)です
指定活用団体:一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)
資金分配団体:公益財団法人長野県みらい基金